煙突のある家

-
    炎のある暮らし、畑のある暮らし。
    夢をかなえた岩手山麓の家。
薪ストーブ、煙突のある家
岩手県滝沢村
小宮さん夫妻の家
-
    晴れたら畑づくり、雨の日は家で。
    それが長年の夢。
 岩手山が間近に見える、岩手県滝沢村に建つ小宮さん夫妻の住まい。7月末に引っ越してきたばかりというが、もっと前から住んでいたのでは、と思わせる雰囲気である。
「家を建てている間、週に3日ほどお弁当を持って通い、庭づくりをしていたんですよ」
と奥様。なるほど、だから二人は、ここの空気に溶け込んで見えるのだ。

 夫婦はどちらも東京生まれ。でも奥様には、
「眺めの良い広いところで、野菜づくりやガーデニングがしたい。炎のある暮らしがしたい。天気の良い日は畑仕事をし、雨の日はパンやケーキづくり、手芸をして過ごしたい」
という娘時代からの夢があった。その夢の通り、リビングには薪ストーブが据え付けられ、家のまわりには畑が広がっている。

-
薪ストーブ、F400、ヨツール  奥様の長年の夢をいっしょにかなえたご主人は、
「根負けしたんです」
と笑う。しかし、そのご主人も
「ストーブ用に薪割りをしましたが、薪運びが大変でした。でも、自然の中で体を動かすのは楽しいですね。夏には、ストーブにダッチオーブンをのせて鶏の丸焼きもしたが、なかなか風情がありましたよ」
と、ここの生活にすっかり魅了されている様子だ。ご近所さん(といっても住まいの距離はかなり離れている)が、いろいろ助けてくれるのも、嬉しいことなのだという。
-
ヨツール(JOTUL) F 400
-
-
    炎を見ながら過ごすひとときは、
    最高の贅沢。
 「冬には針仕事がしたいんですよ」
と話す奥様。畑仕事で忙しい夏にはできないパッチワークなどに没頭できる時間を、今から心待ちにしている。でも、その前に、盛岡に住む友人たちが集う「炎を見る会」が計画されている。肌寒くなった頃、ストーブを囲んで過ごすティータイムは、この住まいならではのおもてなしだ。
「やっぱり贅沢だよね」
とご主人が一言 . . . 。
 ここでの暮らしは、始まったばかり。
「まだ家づくり、庭づくりの真っ最中ですよ」
と、口をそろえる小宮さん夫妻。これからもっと日々を豊かに、もっと楽しんでいくのだろう。
薪ストーブ、煙突のある家
-
-
-

ホーム
(C) IWATE DANRO, LIMITED. All rights reserved.